ステークホルダーの皆さまとともに

STAKEHOLDER RELATIONS

地域社会ともに

地域社会と連携することは、医療関連商品を取り扱う当社グループにとって、非常に重要な経営課題です。当社はそれぞれの営業地域において、事業活動を通した社会貢献活動や自治体との間で災害時の医薬品等の物資供給などに関する協定を結ぶなど、当社の使命である「医薬品の安定供給」に努めています。

地域との連携

地域と連携し必要な医薬品を安定供給することは当社グループの使命です。この使命を果たすため、地域と連携しています。

宮城県においては2014年3月に設立された「JMAT宮城」の構成メンバーである宮城県医薬品卸組合の1社として地域との連携に参加しています。医薬品卸がJMATのメンバーとして参加するのは全国的にも例を見ないことで、これまで経験した各種災害への対応経験が評価されています。

自治体等との災害時物資供給等の協定を締結

災害が発生した際に応急対策が円滑に実施されることを目的に、営業エリア内の自治体との災害時における物資の供給に関する協定を締結しています(宮城県富谷市、大和町、名取市、岩手県奥州市、金ヶ崎町、北上市)。

また、大規模災害時の全国規模の物流・生産が整うまでの間の医薬品、医療材料の供給について、自衛隊統括補給本部との間で協定を結んでいます。

災害やパンデミックが発生した際には当社事業所を拠点に地域の皆様へ医薬品をはじめとした物資をタイムリーにお届けする体制を整えており、平時におきましても地域の皆様が安心して生活できるお手伝いをしていきたいと考えています。

地域社会への貢献

①AED設置

当社グループでは、緊急時の救命率の向上や地域貢献のため、2008年より段階的に各拠点にAEDを導入し、2015年に導入完了。毎年1回、防災訓練時に消防署員による「急病人発生からAED使用にいたるまで」の講習も併せて実施しています。また一部拠点には自動血圧計も配備しています。

②地域のイベントや環境美化の積極的な参加

各拠点の所在する地域に貢献する活動「SMILE HEART♡ねっと」を実施しています。毎年延べ約40箇所にて、イベント会場、海岸、事業所周辺の清掃活動による環境保全や、1月に仙台市で開催される大崎八幡宮どんと祭、5月に仙台市で開催される青葉まつりなどの行事への参加による地域とのふれあいを大切にしています。

③地域医療のサポート

小児医療を支えること、地域の皆様との交流を目的としたチャリティーイベントを開催、社員が持ち寄った商品などの販売や各種イベントによって得られた収益金を小児医療を支えるNPO法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン(せんだいハウス)様へ寄付しています。

また、宮城県では職場献血を10年以上継続的に行っており2010年には日本赤十字社宮城県支部より感謝状「銀色有功章」をいただきました。

全社では「認知症サポーター養成講座」受講を展開し、認知症の患者さんへの接し方や正しい理解について勉強しました。そして現在、医療、介護、予防、住まいと並んで、地域住民による「見守り」等の生活支援が高齢者を支える重要な取組みとして位置付けられ各自治体で取り組んでいる「見守りネットワーク」に、当社でも各支店が各自治体を訪問し、見守りネットワーク協力企業として登録しています。

④スポーツを通じた社会貢献

バイタルネット硬式野球部は、1976年にニチエー硬式野球部が発足して以来、新潟市を本拠地に活動しています。社会人野球日本選手権大会や都市対抗野球大会等全国大会にも出場し、近年ではプロ野球選手も輩出しています。部員やOBは野球教室の開催や少年野球の指導などスポーツ振興にも積極的に取組んでいます。

また、知的発達障害のある人たちのスポーツ競技を応援する「スペシャルオリンピックス日本・宮城」のオフィシャルスポンサーや、10月に開催される「東北・みやぎ復興マラソン」のサポートパートナーも務め、地域の人々の健康と笑顔を応援しています。

各拠点にAEDを設置
大崎八幡宮どんと祭
青葉まつりへの参加
小児医療のサポート
見守りネットワークへの協力
バイタルネット硬式野球部

株主・投資家の皆様とともに

バイタルケーエスケー・ホールディングスの主な事業会社の一つである当社は、バイタルケーエスケー・ホールディングスの株主や投資家の皆様にとって企業価値が向上することを目指し努力してまいります。またバイタルケーエスケー・ホールディングスではプレスリリース等によりでタイムリーかつ適切な企業情報を開示するとともに仙台や新潟などで個人投資家向け説明会も実施しております。

バイタルケーエスケー・ホールディングス:IR・投資家情報


お取引先とともに

お取引先様とは、互いの立場と権利を尊重し合いながら適切なコミュニケーションを取ることにより、公正で公平な取引を行うよう努めています。また、医療関連商品の安定供給と安全使用に関する情報の提供で協力するなど、地域医療へのさらなる貢献を実現するための心強いパートナーとして、ともに発展していくことを目指しています。

①公正で公平な取引

社会的責任に関する基本部分である取引の公正性の確保について、購入、販売、流通の各段階でその当事者間において各種契約を締結し公正で公平な事業慣行を徹底しています。

また、社内コンプライアンス研修や企業の競争に関する法律(独占禁止法など)および業界規則(医療用医薬品卸売業公正競争規約など)に関する勉強会を定期的に開催し社員一人ひとりにその理解を深めてもらう機会を設けています。

②お取引先様とのコミュニケーション

主なお取引先様である医薬品および医療機器メーカー様とは日常的に製品情報、安全に関する情報、製品供給情報など情報を交換し、医療関連商品の安定供給と安全使用に関する情報を医療機関様などへ提供することで地域医療へ貢献しています。

現在は一歩進んだ取組みとして特定の疾患領域(がん、認知症など)や在宅医療に関する専門知識を習得した営業担当者の育成にも注力し、さらなる地域医療への貢献を目指しています。

その他、物流や経営管理に関する分野においても、多種多様な企業、団体の方々との対話を通じながらよりよいサービス提供のため、パートナーシップを強化しています。


お客様とともに

当社グループは、医薬品や医療機器の流通などを通じて、パートナー企業とともに社会の皆様の健康で豊かな生活を支えています。人々の生命に関わる商品やサービスを扱っているという強い責任感のもと、医療関連商品の品質管理や安定的な供給に万全の体制を整えるとともに、お客様や地域社会への情報提供にも力を入れています。

①品質管理の徹底

医薬品という生命関連商品を取り扱う企業として、商品の品質管理、流通品質の管理を徹底的に実施しています。昨今では厳格な温度管理が必要とされる医薬品が流通するようになっており、氷点下での管理が必要な医薬品、ある温度を下回ってはいけない医薬品等、仕入段階から患者さんへ処方されるまでその高度な管理が要求されています。この他、アルコールなどの危険物や麻薬・睡眠薬などの規制管理品はコンプライアンスに深く係わる管理を求められています。

こうした医薬品市販後のトレーサビリティ(追跡可能性)の確保や、医薬品の取り違え事故の発生防止、流通の効率化を促進するため、当社グループでは医薬品全品目の有効期限や製造ロット番号などの変動情報をシステムで管理しています。物流センターでは同じ商品でも製ロット番号毎に保管するロケーションを細分化し、トレーサビリティの精度を担保しています。また、全ての在庫拠点に二次元バーコード対応のリーダーを設置し、効率的かつ高精度な流通管理を実現しています。

②安定的な供給

毛細血管のように地域を細かくカバーする多くの在庫拠点を自社トラックが物流ネットワークで繋ぎ、それぞれの地域へ医薬品をはじめとする医療関連商品を供給しています。災害時やパンデミック(インフルエンザなどの大規模流行)時における流通体制の確保についても、過去に遭遇し、乗り越えてきた大災害の対応ノウハウをベースに、その対応機能を強化し、いつ・いかなる時も医薬品流通を途絶えさせない体制を整備しています。

BCP(事業継続計画)の策定はもちろん、地震などの大災害への備えとして、非常用発電機の設置や衛星電話などの通信手段の多重化、安否確認システムの見直しなど事業継続のためのハードおよびソフトの投資を行っています。

また、当社では災害対応力強化を基本コンセプトとした新たな宮城物流センターを2015年3月に稼働開始しました。強固な岩盤に支えられた官公庁レベルの耐震建築の最新センターは如何なる災害時においても供給継続することを目指しています。

宮城物流センター
72時間対応の大型非常用発電機
保冷庫

③既存物流拠点の機能強化

当社の新潟物流センターでは、物流センター管理システム(WMS:Warehouse Management System)をこれまで以上に柔軟性の高いシステムに更新を行いました。生命関連商品を取り扱う当社グループは、これからも正確で効率的な物流の実現を追求してまいります。

④お客様とのコミュニケーション

医療を提供するお客様とのコミュニケーションで最も重要なものは医薬品など医療関連商品に関する正確な情報をお届けすることです。人々の生命に関わる商品を安全に使用していただくための情報、副作用に関する情報を迅速かつ的確にお届けすることが大切となります。そのために営業担当者は医薬品および医療機器メーカー様などと日々密接なコミュニケーションを図り情報のアップデートと医療機関などへの情報提供を行っています。

また、医療機関の経営に関する情報の提供も実施しており、地域における医療・介護の連携のコーディネートやこれに関わる情報提供を行うほか、かかりつけ薬局として社会から求められている機能発揮の支援などを実施しています。

⑤地域への情報提供

お客様である「まちのくすり屋さん」が地域の皆様へ情報を発信するお手伝いをさせていただいています。まちのくすり屋さんが集まるポータルサイト「Meron」を運営し、インターネットで薬局様が地域の皆様に健康情報や旬の話題を提供する機会を設けさせていただいています。また「Meron」会員の薬局様による「健康フェア」開催のお手伝いをすることで、地域の皆様の健康増進に役立てていただいています。


環境とともに

事業活動を行うことによって生じる環境に対する負荷を抑制することも、大切な使命です。

夜間業務の抑制や電力使用状況を常時監視するシステムの導入、照明器具のLED化やハイブリッド車の導入など、エネルギー使用量削減に向けた取組みを展開しています。

また、物流センターでの電力量は大きいことから、積極的に太陽光発電システムや蓄熱式の空調機等を導入し、環境に優しい拠点づくりを進めています。

2015年3月に稼働した宮城物流センターには太陽光発電システムを導入しました。これにより、倉庫内の照明を全て賄える電力量が発電可能となりました。また、照明に人感センサーや昼光利用センサーを導入、高い断熱性を持つ外壁や複層ガラス窓と併せて、省エネに貢献しています。


従業員とともに

企業理念である『健康で豊かな社会の実現に貢献する』を真に果たすには、そこで働く人々がまず「健康で豊か」でなくてはなりません。「人は会社のタカラモノ」「人が好きだと思える会社でなければ成長できない」という考えのもと、多様な人が活躍できる環境づくりに取組み、社員の心身の健康づくりにも力を注いでいます。

ダイバーシティへの取り組み

限りある人財を活用し将来に向けて発展を続けるためには、役職・職位・性別・年齢にとらわれることなく、多様な人財の総力を結集する必要があります。

社員には男女を問わずに階層別の教育を実施し、意欲・能力のある社員の活躍を推進しています。パートタイマー等の有期雇用社員に、同じ「働く仲間」として成長を促すための様々な学習の機会を提供し、また、少子高齢化が急速に進展する中で、高齢者の雇用の安定を図ることを目的に、定年到達者を対象とした再雇用制度も設けています。

メンタルヘルスケア

社員が仕事や職業生活に関して抱える不安、悩み、ストレスを把握するための検査「ストレスチェック」を例年実施しています。また、心の健康の保持増進を図る「セクハラ・パワハラ」は基本的人権を踏みにじるものであり、改めて「ハラスメントをしない・させない」という認識を徹底させるとともに「セクハラ・人間関係ホットライン」を開設し、様々な「ハラスメント撲滅」に向けて相談しやすい環境づくりに取り組んでいます。

人財育成

当社グループは、企業が地域社会とともに発展していくためにも、人財育成を経営上の課題と認識し、社会から信頼される事業活動が行えるよう様々な教育・研修を展開しています。具体的には、研修体系に基づく職種別・階層別の教育研修や、社内認定制度研修、次世代育成を目的とした研修等を行っています。また、公正で正当な人事評価制度を目指すとともに、優秀な営業担当者の表彰制度やで社員のモチベーションの向上も図っています。

働きやすい職場づくり

社是に「チャレンジ精神に満ち 活気ある楽しい職場づくりに努力する」とあるように、

社員の自主性・積極性を重視した、風通しのよい職場を目指しています。支店ごとにチームをつくり、業務の効率化の課題を見つけ出して改善に取り組むQC活動「Kidzukou(きづこう)★ねっと」では、社員の目線からの多くの業務改善が行われました。

また、仕事と育児・介護などを両立できる働きやすい環境づくりに加え、一人ひとりがいきいきと働くことができる職場環境づくりを目指しています。育児休業の取得率を高めるための施策、育児休業を理解する社内風土を醸成するための施策、有給休暇の取得率を向上するための施策を推進しています。2018年5月には企業主導型保育施設「さふらんキッズ」を宮城県名取市に開所し、グループ企業と地域のワーキングマザーをサポートしています。

さふらんキッズ(宮城県名取市)